本当は皆良く知らないSwarovski(スワロフスキー)

スワロフスキーとは?

1895年に科学者で起業家のダニエル・スワロフスキー(1862-1956)によって設立された。 設立以来、創業者一族による経営が続いている歴史あるカンパニーだ。 中央ヨーロッパのガラス製造の中心地であったボヘミアで生まれ育ったダニエル・スワロフスキー氏は、クリスタルのカットと研磨を行う世界初の機械を発明し、業界に革命をもたらす。優れた品質を追求する伝統の礎を築き上げ、5世代を経た現在も大切に熟練された技術と伝統が受け継がれている。ココ・シャネルやクリスチャン・ディオールといったジュエラーやクチュリエから絶賛されたスワロフスキー・クリスタルは、20世紀のラグジュアリーとグラマー、そしてスタイルに欠かせない素材となった。その後もヴェルサイユ宮殿のシャンデリアパーツや、さまざまな映画衣装なども手がけ、オーストリアを代表するクリスタル・ブランドとして国際的に有名になる。

一方で、一般消費者向けに1970年代中盤にはジュエリー、ファッション・アクセサリー、オブジェ、インテリア・デコールなどのクリスタル製品を製造する部門が設立された。これらの製品は、スワロフスキー・ショップやフランチャイズのグローバルネットワークを通じて販売されている。

スワロフスキーは単なるクリスタル・メーカーの域をはるかに超え、その最も中心にあるのは、クリエイティビティとイノベーション。これらを常に触発し奨励することによってクリスタルに生命の息吹が吹き込まれ、美とエレガンスと卓越したクラフツマンシップにあふれるバラエティ豊かなジュエリーとアクセサリーが生まれている。

スワロフスキー・クリスタル の特徴

スワロフスキー・クリスタルは、通常のクリスタル・ガラスに比べ、酸化鉛が多くなっている。そのため、通常のクリスタル(透明)カット製品でも、光の反射加減により虹色に見えることがあるのだ。 スワロフスキーには、カット技術の他にクリスタル表面に行う特殊加工技術がある。

1956年にオーロラのように輝く「クリスタル・オーロラ・ボーリエイラス」 (Aurora Borealis) を開発している。

スワロフスキー社の腕時計

スワロフスキーのレディース時計は文字盤(ダイヤル)部分にクリスタル・ガラスを敷き詰めた華やかなデザインの製品が多い。スイス製のムーブメントを採用し妥協のない技術を取り入れた本格的な腕時計を輩出しているのだ。